安山岩地帯における地表γ線量率 Terrestrial Gamma Ray Dose Rates in Andesitic Terrains

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

安山岩地帯の空気吸収線量率レベルの特徴を理解するために31か所で得た線量率データを解析した。線量率は岩石のK<SUB>2</SUB>O含有量が増えるに従って増加した。この傾向を解釈するために玄武岩質マグマの結晶分化,玄武岩質マグマと珪長質マグマの混合,マントル物質の部分溶融の三つのモデルを適用した。これらをもとにして安山岩地帯の線量率をK<SUB>2</SUB>O含有量の関数として表現できる半経験式を導いた。

Air absorbed dose rate data taken at 31 sites have been analyzed in order to understand the characteristics of dose rate levels in andesitic terrains. The dose rate increased with increasing K<SUB>2</SUB>O content of rock. The following three models were tested to interpret this trend, i.e., crystallization-differentiation of basaltic magma, mixing of basaltic and felsic magmas and partial melting of mantle materials. A semi-empirical formula expressing the dose rate as a function of K<SUB>2</SUB>O content was derived based on the above models.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 57(5), 305-311, 2008-05-15 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021071756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    9511859
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ