東京都内地下鉄線の空間γ線線量率 Gamma-ray Dose Rate in Air on the Subway Lines in Tokyo Metropolitan Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京では通勤手段として地下鉄の利用率が高いことから,地下鉄車内の線量率を把握しておくことは保健物理学的に重要である。そこで,都内の地下鉄12路線について空間γ線線量率の測定を行った。その結果,最大値(36.5nGy/h)は最小値(23.3nGy/h)の1.6倍であった。また,車内の線量率は,車外より33%低い値であった。更に,地下鉄線内の線量率は深さに依存せず,地下構造物やホームの構造物中に含まれる天然放射性核種濃度に依存すると考えられた。

Measurements of gamma-ray dose rates in air were performed on 12 subway lines in Tokyo from the perspective of health physics, because the subways are commonly used for commuting in the Tokyo metropolitan area. The results showed that the maximum dose rate (36.5nGy/h) was 1.6 times higher than that of the minimum one (23.3nGy/h),and that the dose rate in the subway car was 33% lower than the outside. Also the results strongly suggested that the dose rates depend on the concentration of natural radionuclide around the subway lines and the platform structures rather than the depth.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 57(5), 313-320, 2008-05-15 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021071791
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    9511896
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ