計算化学によるKDP結晶成長に関する添加剤の着色、吸着機構の解明 Clarification of Impurity Colouring and Adsorption Mechanism for KDP Crystal Growth by Computational Chemistry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

溶液中の3価の金属イオンによるKDP(KH<SUB>2</SUB>PO<SUB>4</SUB>)結晶への成長速度抑制効果はよく知られている。この金属イオンが結晶表面に吸着するとき、結晶成長を阻害する。また、我々の最近の研究では、キレート剤の添加により、この金属イオンの成長速度抑制効果が緩和され、成長速度が回復することが知られている。しかし、これらのメカニズムは理論的に明らかにされていない。さらに、種々の染料がKDP飽和溶液に添加剤として加えられると、選択的に結晶の異なる面を着色する。この選択性や配向性も同様に未解明のままである。そこで、今まで実験的に知られているKDP結晶成長に関する各種添加剤の影響を計算化学によって明らかにし、静電ポテンシャルによってこれらの現象が説明できることがわかった。

Impurity effect of KDP(KH<SUB>2</SUB>PO<SUB>4</SUB> crystal growth by trivalent metal ion in solution is reasonably well documented. If the metal ion is adsorbed onto the crystal surface, it prevents the step propagation relevant to the crystal growth rate. Although a recovery effect of the metal ion adsorption was discovered in our recent work on the addition of chelate agents, the impurity effect and recovery mechanisms are not clearly understood both theoretically and phenomenally. Moreover, the dye compound in solution can colour the KDP crystal. However, dyes are segregated in specific growth sectors due to crystal anisotropy. The mechanism of the dye selectivity and the orientation of the adsorbed dye are also not clear. Accordingly, the impurity effect by metal ion, recovery effect by chelate and colouring mechanism by dye about the KDP crystal were investigated by computational chemistry in this study. It was found that these behaviors could be explained by electrostatic potential (ESP) distribution.

収録刊行物

  • Journal of computer chemistry, Japan  

    Journal of computer chemistry, Japan 7(1), 1-7, 2008-03-15 

    Society of Computer Chemistry, Japan

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021072116
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11657986
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471767
  • NDL 記事登録ID
    9661226
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z74-C857
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ