Copper(I) Thiophene-2-carboxylate (CuTC) : A Versatile Non-Nitrogen Ligand-Based Catalyst for Direct N-Arylation of Imidazole and Pyrazole Using Aryl Iodides, Aryl Bromides, and Aryl Chlorides

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Bulletin of the Chemical Society of Japan  

    Bulletin of the Chemical Society of Japan 81(4), 515-517, 2008-04-15 

    Chemical Society of Japan

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021075066
  • NII書誌ID(NCID)
    AA00580132
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00092673
  • NDL 記事登録ID
    9463116
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z53-B35
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ