パルス中性子小中角散乱装置によるナノ構造評価の新展開 New Development in Nanostructure Analysis by Smaller-Angle Neutron Scattering Instrument of J-PARC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The technique of small-angle neutron scattering has been used to study structures of size between about 1 nm and 10μm in materials and life sciences. This article introduces the smaller-angle neutron scattering instrument projected in J-PARC, which will produce new development in nanostructure analysis.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 50(1), 24-28, 2008-02-29 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021085357
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    9414455
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ