高強度全散乱装置の概要と水素吸蔵材料研究 Overview of the High-Intensity Total Diffractometer at J-PARC and Structural Study of Hydrogen Absorbing Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Design concept of High-intensity total diffractometer of J-PARC is wide-<I>Q</I> range measurements with the highest neutron intensity by the pulsed neutron source. The resolution of the diffractometer is reasonable for crystalline materials and the diffractometer will cover very wide research fields in terms of nano structure and/or non-crystalline materials. Hydrogen absorption mechanism will be intensively investigated with the diffractometer.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 50(1), 29-34, 2008-02-29 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021085362
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    9414488
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ