双極熱パルス法による飽和砂土のNAPL汚染度の推定 Estimation of NAPL content in saturated sandy soil using dual-probe heat-pulse method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地下水中のNAPL汚染度を測定するための基礎的研究として,NAPL汚染された飽和砂土の体積熱容量を測定し,その測定値からNAPL含有量を簡易的に推定する方法について検討した.体積熱容量の測定には双極熱パルス法を用いた.体積熱容量の測定値をモデル式に直接代入する方法で求めたNAPL含有率の推定値は,既知のNAPL含有率と体積熱容量の測定値の関係式から求めた値ほど推定精度は良くなかったが,事前にNAPL含有率と体積熱容量の関係式を求めておく必要がないので原位置においてある程度の傾向を把握するのには便利な方法である.また,体積熱容量の測定値と推定値の回帰直線を用いた場合は,NAPL含有率の推定精度は向上した.

The simple methods for estimating NAPL content in saturated sandy soil using a volumetric heat capacity have been proposed as a fundamental study for measuring the NAPL content in groundwater. A dual-probe heat-pulse method was used to measure the volumetric heat capacity. The estimations of NAPL contents which were obtained by substituting the measurements of volumetric heat capacity into its model did not have a better accuracy than those by the calibration equation between known NAPL content and volumetric heat capacity, but could be close to the known NAPL contents. The estimations of NAPL contents were greatly improved when the regression line between the measured and estimated volumetric heat capacities.

収録刊行物

  • 地下水学会誌  

    地下水学会誌 50(1), 17-24, 2008-02-29 

    公益社団法人 日本地下水学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021092529
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088275
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09134182
  • NDL 記事登録ID
    9405881
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-140
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ