酸化還元環境変化に伴うヒ素-鉄の化学的相互作用 Chemical interaction between arsenic and iron with changing redox condition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鉄の多くが水酸化第二鉄として存在するような酸化環境下では,土壌中に存在するヒ素の多くは鉄を含む堆積物に吸着されている.本報は,鉄とヒ素の化学的相互作用に着目し,その第一段階として,カラム実験により酸化還元環境の変化に伴うヒ素と鉄,マンガンの動態について考察した.その結果,土壌が還元環境になると鉄が溶出し始め,同時期にヒ素濃度が増加し始めた.一方,マンガンとヒ素の挙動には相関性がなかった.還元状況下で鉄とヒ素を含む水が酸化環境におかれると,水中の鉄,ヒ素濃度はそれぞれ低下した.

Arsenic in soil is strongly adsorbed by F e-sediment existing as ferric hydroxide(Fe(III)) under oxidative condition. The present study focuses on chemical interactions between As and Fe in water at different experimental conditions. In this report, column experiments were carried out to observe the behavior among As, Fe and Mn at different redox conditions. Consequently, when it came to reduced condition in soil, ferric hydroxide began to dissolve, and simultaneously As concentration increased in the effluent of the soil column. On the other hand, the behavior between Mn and As was not recognized to be correlated. The concentrations of As and Fe in the effluent decreased when this reduced effluent passed through the oxidation column filled with glass beads.

収録刊行物

  • 地下水学会誌  

    地下水学会誌 50(1), 25-32, 2008-02-29 

    公益社団法人 日本地下水学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021092543
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088275
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09134182
  • NDL 記事登録ID
    9405930
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-140
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ