EOF解析を用いた北浦の湖流変動要因の検討 An Application of EOF Analysis to Identify the Driving Force of Lake Currents in Kitaura

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 北浦の湖内8地点において超音波ドップラー流速計を用いて実施した流況観測結果に対し,気象学や海洋学において広く用いられるEmpirical Orthogonal Function(EOF)解析を適用し,湖流の変動要因について検討を行った。北浦の長軸方向の流速であるNS成分に対するEOF解析から求められたMode 1の分散寄与率は74.9-93.3 %と高く,流れの時系列データに含まれる変動のほとんどをMode 1だけで説明可能であった。Mode 1と風との相関は高く(r=0.70-0.87),北浦における湖流の変動要因は主に風の変動であると推察された。Mode 2の分散寄与率は18 %未満であり,その変動には鰐川流量の影響が部分的に見られた。EOF解析の適用は湖流の研究にも有効であり,北浦の湖流形成における風の影響を定量的に評価することができた。

The driving force of lake currents was studied using an Acoustic Doppler Current Profiler (ADCP) deployed at eight sites in Lake Kitaura. Empirical Orthogonal Function (EOF) analysis has been widely used in both meteorology and oceanography. The results of EOF analysis applied to the axial currents (northward component) datasets show that Mode 1, containing 74.9-93.3 % of the variance, is highly correlated with wind speed. The effect of the in-flow/out-flow through the Wani River is somewhat apparent in Mode 2. Wind effects on lake currents were evaluated quantitatively. As these results represented actual physical mode, we concluded that EOF analysis was suitable for determining lake current data.

収録刊行物

  • 陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY  

    陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY 69(1), 39-49, 2008-04-20 

    The Japanese Society of Limnology

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021102583
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024866X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215104
  • NDL 記事登録ID
    9516274
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-149
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ