シェルコンクリート実用化への挑戦 THE CHALLENGE OF PRACTICAL USE OF SCALLOP SHELL AS FINE AGGREGATE OF CONCRETE

この論文をさがす

著者

    • 清宮 理
    • 早稲田大学 創造理工学部 社会環境工学科
    • 高橋 久雄 [他]
    • 国土交通省 東北地方整備局 仙台港湾空港技術調査事務所 技術開発課
    • 山路 徹
    • 関西国際空港(株)建設事務所[前(独)港湾空港技術研究所 地盤・構造部材料研究室]

収録刊行物

  • セメント・コンクリート = Cement & Concrete  

    セメント・コンクリート = Cement & Concrete (735), 26-32, 2008-05-10 

    セメント協会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021103414
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131505
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03710718
  • NDL 記事登録ID
    9508880
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-127
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ