水道水質基準と異臭味 The Drinking Water Quality Standards (DWQSs) and problems of odor and taste in water supply

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水道により供給される水が備えるべき要件は,水道法に基づく水質基準として規定されており,このほか,水質管理目標設定項目等を定め,各項目の検査を実施することにより適切な状態を確保している.水道水の水質基準等への適合状況は総体的には極めて良好であるが,鉛,臭素酸等において基準に適合しない場合もあり,改善のための施策が講じられている.カビ臭の原因物質であるジェオスミン,2-メチルイソボルネオールは,快適性についても十分な考慮が払われるべきという考えから,平成15年改正により水質基準項目に追加された.<BR>湖沼の富栄養化等の水道水源状況の悪化により,水道原水がカビ臭等による異臭味被害を受けた場合には,水道事業者が応急的な対応を行っているが,依然として,給水栓まで異臭味の被害を受ける事例がみられる.異臭味被害人口は平成2年度のピーク時に2000万人台まで増加したが,近年は300万人前後で推移している.水道事業者によっては活性炭やオゾンを活用した高度浄水処理の導入が進められている.

The Water Works Law requires water suppliers to monitor tap water quality periodically to make sure that the water meets the Drinking Water Quality Standards (DWQSs). In addition to DWQSs, Ministry of Health, Labour and Welfare provides Complementary Items, etc. for water suppliers to make sure the water quality in higher level by inspecting each item. The conformity to DWQSs, etc. is almost perfect, but there are still a few points where water quality does not meet DWQSs concerning to lead, bromate, etc. In order to reduce odorous substances to provide higher quality water, the DWQSs of geosmin and 2-methylisoborneol(2-MIB) were introduced in 2003 in Japan.<BR> Water suppliers have been taking emergency measures against the outbreaks of musty odor in water sources. However, the tap water quality is still having odor and taste issue in some areas unfortunately. Though the number of affected people was over 20 million at worst in 1990, it is being about 3 million recently. Some water suppliers have installed advanced drinking water treatment process.

収録刊行物

  • におい・かおり環境学会誌 = Journal of Japan Association on Odor Environment  

    におい・かおり環境学会誌 = Journal of Japan Association on Odor Environment 39(2), 94-101, 2008-03-25 

    Japan Association on Odor Environment

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021103965
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11827805
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13482904
  • NDL 記事登録ID
    9444958
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1560
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ