合成樹脂(プラスチック)製食品容器とにおいについて Relationship between food packaging and flavor deterioration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年では,食品を包むためのプラスチック包材の使用は第一であり,医療分野をはじめとしてさまざまな分野までもその使用が広まっている.食品用プラスチック素材としては,安全性が最大の要件であるが,包まれる側の食品にとってはその品質保持性もまた重要な包装要因である.なかでも,食品品質を決定付けるにおい成分は,不活性ガスとは異なる挙動によって包材であるプラスチック素材と相互作用を引き起こす.そこで,本稿では,におい成分のプラスチック包材内での動態を中心に論じる.

To date, plastic materials have been used for packing foods as well as drugs. The crucial factor required for the use of plastics as food package is a safety. For packed foods, factors to keep a quality of food are also required for package properties. In particular, flavors responsible for food quality are closely associated with quality degradation due to the interaction of packed flavor with plastic materials. Thus, this review has been focused on the relationship between packaging materials and flavor degradation behavior.

収録刊行物

  • におい・かおり環境学会誌 = Journal of Japan Association on Odor Environment  

    におい・かおり環境学会誌 = Journal of Japan Association on Odor Environment 39(2), 108-116, 2008-03-25 

    Japan Association on Odor Environment

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021103980
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11827805
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13482904
  • NDL 記事登録ID
    9445007
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1560
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ