ETBEの熱安定性と酸化鉄(III)との混合危険 Thermal Stability of ETBE and its Mixture with Ferric Oxide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><i>tert</i>─ブチルエチルエーテル(ETBE)の熱的危険性評価の基礎的研究として, ETBE 単体およびETBE に酸化鉄(Ⅲ)(Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>)を添加した試料の熱的挙動を加速速度熱量計(ARC)により観察した.その結果,少なくとも0.6 MPa以上の酸素加圧下において,ETBEは100 ℃以下の比較的低温で酸化により発熱した.ETBE の発熱開始温度は,ジメチルエーテルおよび<i>tert</i>─ブチルメチルエーテルよりも低く,ジエチルエーテルとほぼ同じであった.また,1 MPa 酸素加圧下において,Fe<sub>2</sub>O<sub>3 </sub>と共存した場合は,ETBE の酸化反応は著しく促進され,50 ℃程度で発熱を開始した.</p>

<p>As a fundamental study of the hazard evaluation of <i>tert </i>─butyl ethyl ether( ETBE), the thermal behavior of ETBE and its mixture with Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub> was observed in an adiabatic condition using Accelerating Rate Calorimeter( ARC). The result indicates that ETBE underwent oxidation, and its heat release temperature was approximately 100 ℃ in 0.6 ─2.1 MPaG of O<sub>2</sub>. The heat release temperature of ETBE was lower than that of di-methyl ether and tert─butyl methyl ether, and it was almost same as di─ethyl ether. In the presence of Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>, the oxidation was accelerated. The heat release temperature of ETBE with 10wt. % of Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub> was approximately 50 ℃ in 1MPa of oxygen.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 47(1), 18-23, 2008-02-15

    安全工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021106284
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    9381187
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ