リスクマネジメントをベースとした耐震バリア構築法に関する一研究 A Study on Construction of Barrier for Earthquake Disaster Mitigation Based on Risk Management : Application to Two-Layer Wooden Houses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 吉川 幸雄 YOSHIKAWA Yukio
    • 横浜国立大学 環境情報学府 Graduate School of Environment and Information Sciences, Yokohama National University
    • 関根 和喜 SEKINE Kazuyoshi
    • 横浜国立大学 安心・安全の科学研究教育センター Center for Risk Management and Safety Sciences, Yokohama National University

抄録

<p>現在,全国で耐震の必要とされている住宅に対しての耐震化は進んでいないという.これには,各戸について耐震診断を実施し,その結果耐震補強法を定めるという手間・費用のかかること,住宅の構造形態も個々に異なることなどが挙げられる.これに対して,緊急性・重要性は増してきており,集団的・効率的耐震化の手法も急務となっていると思われる.このため本研究はここに,リスクマネジメント手法をベースとして,認知科学的モデルを導入した耐震診断法と耐震バリアの構築という視点をもつ耐震補強法を提示したものである.このため,耐震診断では認知科学的手法による倒壊パターンを考慮した解析法を,またその結果必要とされる耐震補強特性を,カタストロフ理論とレジリエンス性を考慮して導き出す.最終的に,これらの結果を使ってより効率的な耐震補強法も提示した.</p>

<p>This paper proposes a method based on risk management to enable earthquake disaster mitigation, applying to two-layer wooden houses, to progress more efficiently. A two-DOF model as a cognitive scientific model or an analytical model is created to represent a building, and the restoring force characteristics are assumed to have nonlinear elasticity. In seismic diagnosis, the modes of collapse deformation are categorized by the cognitive scientific model. Buckling analysis by the analytical model is performed to formulate the modes of building collapse, and the categorization by the cognitive science model is to be confirmed. In seismic strengthening, returning to the earthquake response analysis, this paper also investigates the barriers that are required for strengthening of buildings and describes the restoring force characteristics. The more efficient method of seismic strengthening of buildings is proposed, after performance evaluations are taken into consideration.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 47(1), 24-31, 2008-02-15

    安全工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021106299
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    9381241
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ