安全文化醸成とリスクマネジメント Safety Culture and Risk Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>安全を最優先する組織の行動様式の土壌となるものを安全文化と呼ぶ.近年発生した事故や不祥事については,安全文化のレベルまで掘り下げて原因分析が行われるようになってきたが,これは,社会の高度技術化や相互依存化によるリスク構造の複雑化と,リスク低減に対する社会的要求の高度化によって,機器設備やマネジメントシステムの信頼性向上だけではなく組織文化や組織風土等の人間・組織のより本質的な部分にまで管理対象の範囲が拡大してきた結果と理解できる.安全文化とは組織自体のさまざまな経験と組織成員の価値観や行動パターンの変化に伴って形成されてゆくものである.これらは組織成員の心理面に大きく依存しているものであるため,安全文化の醸成は組織および組織成員が主体的に取り組んでゆくことによって初めて効果が現れる.こうした取組みは組織的安全マネジメントの一部としてとらえることができるが,仮にこれを規制による監査や検査で行おうとしても逆に問題を潜行化させる可能性がある.本稿では,組織の安全文化という概念を関連項目との関係性の中で整理し,安全文化醸成のための手法,およびその要点について紹介する.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 47(2), 71-76, 2008-04-15

    安全工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • プロセス産業の安全

    山崎 文毅 , 堀口 貞茲 , 島田 行恭 , 木村 隆

    化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN 72(10), 586-590, 2008-10-05

    参考文献37件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021106335
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    9472154
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ