有機溶剤蒸気の着火エネルギーおよび爆発範囲測定 : 温度特性 Measurement of Ignition Energies and Explosion Limits for Organic Solvent Vapors, Featuring the Temperature Characteristics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山隈 瑞樹 YAMAGUMA Mizuki
    • (独)労働安全衛生総合研究所 電気安全研究グループ Electrical Safety Research Division, National Institute of Occupational Safety and Health

抄録

<p>温度可変の溶剤蒸気の着火エネルギー測定装置を用いて,15 種類の有機溶剤蒸気の着火エネルギーおよび爆発範囲ならびに水蒸気による不活性化の効果について測定を行った.いずれの溶剤蒸気も温度上昇とともに最小着火エネルギー(MIE)が指数関数的に減少し,かつ,爆発限界が拡大した.なかでもアセトンのMIE は温度依存性がきわめて高く,100 ℃におけるMIE は25 ℃のときの1/3 以下となった.静電スパークによる上・下限界濃度と交流スパークによるそれらの限界濃度の間には,線形回帰分析の結果,比例関係が近似的に成立することを示した.アセトンを対象に水蒸気による不活性化を試みたところ,温度100 ℃において水蒸気濃度30 %以上とすると実用上十分な程度に安全化が可能であることが確認された.</p>

<p>The ignition energies and explosion limits for 15 solvent vapor/air mixtures were measured using a newly developed temperature─adjustable ignition test apparatus. For all the mixtures, the minimum ignition energies (MIEs) decreased exponentially, and the explosion limits expanded as the test temperature increased. The acetone vapor/air mixture, among others, depended strongly on the temperature─the MIE at 25 ℃ was less than one third that at 100 ℃. Empirical equations for estimating the upper and lower explosion limits by an electrostatic spark from those by a more energetic ac spark were derived. A mixture of acetone, water and air was effectively inactivated when the water concentration was 30 vol% at 100 ℃.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 47(2), 84-91, 2008-04-15

    安全工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021106361
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    9472190
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ