実機運転に基づくハニカムローターVOC濃縮装置の設計・運転指針と高温再生による吸着性能の改善 Design and Operation of Adsorptive Honeycomb Rotor VOC Concentrators and Improvement of Performance by High Temperature Regeneration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

排ガス中に含まれる揮発性有機化合物(VOC)の無害化処理技術が強く求められるようになったが,低濃度,大風量に加え多種多様な有機化合物を安全かつ効率的に処理する上で課題が多く残されている.そこで本論文は,疎水性ゼオライトなどを担持したハニカムローター型の吸着剤を温度スイング吸着で操作するVOC濃縮装置が有効な技術であることを示すとともに,実機運転の実績に基づいて本装置の設計・操作の指針を,吸着剤ローターの選択,ローター諸元と空塔速度,処理対再生風量比,最適ローター回転数等にわたって論述する.さらに,高沸点物質の蓄積によるVOC除去性能低下への対応策として,シリカバインダーを従来より半減させた疎水性ゼオライトローターを開発するとともに,性能劣化ローターのVOC吸着量が300°Cの高温度再生により未使用ローター近くまで回復することを確認した.あわせて高温度での再生に耐えるシール構造を開発し,高性能のVOC濃縮装置の実機導入を図った.

Many difficulties have been encountered in safe and efficient abatement of the many varieties of VOCs (volatile organic compounds) present in large volume and low concentration in effluent gas. The authors propose the utilization of a VOC concentrator operating on the thermal swing adsorption of a honeycomb rotor adsorbent of hydrophobic zeolite. As a design and operation guide to industrial practice, discussion covers selection of appropriate honeycomb rotors, rotor dimensions and fluid velocity, flow rate ratio of process zone to regeneration zone, and optimum rotation speed. A new hydrophobic zeolite rotor was developed by reducing the silica sol binder by half to avoid the deterioration of performance due to accumulation of high boiling point VOCs. The amount of VOCs adsorbed by the deteriorated rotor was reached up to 90% of that of the virgin rotor by regeneration at high temperature of 300°C. Seal structure was also improved to allow long-term operation with high-temperature regeneration, and thus a high- performance VOC concentrator incorporating the new honeycomb rotor was put into operation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 217-223, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110630
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435298
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ