カキシブ液を用いた金の凝集・分離・回収 Recovery of Gold by Means of Aggregation and Precipitation using Astringent Persimmon Extract

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリフェノールを大量に含有するカキシブ液を用いて,金の選択的な凝集分離を試みた.塩酸濃度による依存性を調べたところ,0.5 mol·dm<sup>−3</sup>以下までは貴金属および卑金属の中から金のみを選択的に100%回収することができた.また顕微鏡およびX線回折より,金粒子の形成が確認された.これはポリフェノールによって3価の金イオンが0価に還元されたためである.この技術によって,金含有廃液から金のみを選択的に回収できると考える.

Gold was selectively separated and recovered by means of aggregation and precipitation using astringent persimmon extract which contains a large amount of persimmon tannin, a kind of polyphenol. Quantitative recovery of gold was achieved in the concentration range of HCl lower than 0.5 mol·dm<sup>−3</sup>. The XRD analysis and the observation by digital micrograph of the gel after filtration supported the formation of gold particle during recovery process. High selectivity of the persimmon extract is attributable to the reduction of Au(III) to elemental form.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 230-233, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110652
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435346
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ