モノエタノールアミン気相脱水によるエチレンイミン生成反応の解析と反応プロセスの構築 Analysis of Ethyleneimine Formation Reaction by Dehydration of Monoethanolamine in Vapor Phase and Design of the Reaction Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

酸・塩基触媒を用いたモノエタノールアミンの気相脱水によるエチレンイミン生成反応における奇妙な反応挙動をLangmuir-Hinshelwood機構の速度モデルを用いて解明した.主反応が平衡による制約を受けるのに対して副反応は平衡の制約を受けないことが原因であることを明らかにし,主反応の平衡転化率を超える転化率の場合は理論的に選択率に限界があることを示した.反応モデルを用いて反応プロセスの設計を行い,キャリアーガスを用いない減圧反応プロセスを提案し,ベンチ装置で実証後,実プラントで採用した.

A Langmuir-Hinshelwood type kinetic model of ethyleneimine (EI) formation by vapor phase dehydration of monoethanolamine over an acid-base catalyst was derived. By using this model, the extraordinary behavior of this reaction was explained as follows: EI formation reaction was restricted by equilibrium, but side reactions were not restricted. When monoethanolamine was converted at a level higher than the equilibrium of the main reaction, EI selectivity was theoretically restricted. A reaction process was designed by use of this model, and a reduced pressure process without carrier gas was proposed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 249-253, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110694
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435404
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ