超音波間接照射下における回分式乳化重合プロセス強化のための動的操作 Dynamic Operation for Process Intensification of Batch Emulsion Polymerization under Indirect Ultrasonic Irradiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小林 大祐 KOBAYASHI Daisuke
    • 東京工業大学大学院理工学研究科 化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
    • 松本 秀行 MATSUMOTO Hideyuki
    • 東京工業大学大学院理工学研究科 化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
    • 黒田 千秋 KURODA Chiaki
    • 東京工業大学大学院理工学研究科 化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology

抄録

超音波を用いた乳化重合プロセスは,開始剤を使用せず界面活性剤の使用量を削減し室温程度で重合反応を進行させることが可能であるため,環境調和型プロセスの1つとして有用である.本研究では,スチレン乳化重合に超音波間接照射法を適用し,照射条件を経時的に変化させる動的プロセス操作法による乳化重合プロセスの強化技術について検討した.具体的には,反応器の設置位置を2段階に操作して,第1段階では誘導期間の短い位置で照射し,第2段階では高分子の分解の効果が小さい位置で照射することにより効率的に比較的大きな分子量を有する高分子を生成させることができた.また,第1段階の照射時間および第2段階の反応器の設置位置が分子量分布におよぼす影響を明らかにし,著者らが以前に提案した,乳化重合プロセスにおける超音波の化学的・物理的効果の指標が有用であることを明らかにした.本論文で提案した動的プロセス操作法は.従来法では容易に生成させることができない巨大高分子を効率的に調製することが可能であり,乳化重合プロセスの強化技術の有効な一手法である.

Ultrasonic emulsion polymerization, which allows low surfactant concentration and absence of any chemical initiator, is advantageous from the viewpoint of green sustainable chemistry. In this study, polymerization of styrene under unsteady indirect ultrasonic irradiation was investigated. The position of the reactor was changed in two steps depending on the progress of the polymerization. In the first step, the reactor was set at the position where the induction period was short. On the other hand, in the second step, the reactor was set at the position where the effect of degradation of the polymer was small. The effects of the irradiation time in the first step and position of the reactor in the second step on the molecular weight distribution were studied. The proposed dynamic process operational method by changing irradiation conditions with the progress of the polymerization is efficient for intensification of emulsion polymerization process.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 254-260, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110701
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435437
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ