使用済み液晶パネル廃棄物からのインジウムの回収 Recovery of Indium from Spent Panel of Liquid Crystal Display Panels

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

微量のインジウムを含有する使用済み液晶パネルからインジウムを選択的に分離,精製,回収するための基礎的研究を行った.使用済み液晶パネルの酸による浸出実験を行った結果,塩酸を用いることで王水に匹敵する効率で抽出が可能なことがわかった.また,トリオクチル酸化ホスフィンの抽出試薬を用いることで,高濃度の塩酸溶液からインジウムを回収できることを明らかにした.さらに,4級アンモニウム化合物,およびトリオクチル酸化ホスフィンを含浸させた2種の多孔性樹脂を調製し,2つのカラムに充填し直列に連結した装置に液晶パネル中に含まれる金属を全て含む 3 M(mol dm<sup>−3</sup>)の塩酸のモデル液を通液した.その結果,不純物として共存する亜鉛,錫,鉄などの金属を前者のカラムによりあらかじめ吸着・除去することでインジウムを効率的に分離することができた.さらに,溶離液として0.1 Mの硫酸を通液することで供給液に対して10倍程度に濃縮して回収することができた.

Fundamental research was conducted on the recovery, separation and purification of indium from spent liquid crystal display panels containing a small amount of indium. Acid leaching tests suggested that effective extraction can be achieved by using hydrochloric acid, with nearly the same efficiency as aqua regia. Solvent extraction tests suggested that indium can be effectively extracted with trialkylphosphine oxide compounds from concentrated hydrochloric acid. High porous XRD-7 resins impregnated with Cyanex 923 and Aliquat 336 were prepared to examine their adsorption behaviors from hydrochloric acid for all metal ions contained in the spent panels. The two types of resins were packed in two columns, through which model hydrochloric acid solution containing the same concentrations of metal ions as those in the leach liquor was passed. In the first column, in which the resin impregnated with Aliquat 336 was packed, the major impurities, iron, tin and zinc, were removed. In the second column in which the resin impregnated with Cyanex 923 was packed, indium was selectively adsorbed. The loaded indium was eluted with dilute sulfuric acid and was enriched more than 10 times composed with the feed solution.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 282-286, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110753
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435488
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ