封着加工用バナジウム系鉛フリーガラスの平面蛍光管への応用と特性評価 Application of Lead-Free Vanadium Sealing Glasses to the Flat Fluorescence Lump

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 甲原 好浩 KOUHARA Yoshihiro
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 吉田 昌弘 YOSHIDA Masashiro
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 武井 孝行 [他] TAKEI Takayuki
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 岩崎 広 IWASAKI Hiroshi
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 竹宮 鉄史 TAKEMIYA Tetsushi
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 幡手 泰雄 HATATE Yasuo
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 筒井 俊雄 TSUTSUI Toshio
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University
    • 水田 敬 MIZUTA Kei
    • 鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University

抄録

セラミックスやエレクトロニクス産業の分野で広く使用されている封着加工用鉛ガラスの無鉛化は急務な課題である.本研究ではわれわれの研究グループが報告した封着加工用鉛フリーガラスである,41.8 mol% V<sub>2</sub>O<sub>5</sub>–3.1 mol% ZnO–17.6 mol% BaO–37.5 mol% TeO<sub>2</sub>(以下VTEと略記)ガラスと53.0 mol% V<sub>2</sub>O<sub>5</sub>–4.0 mol% ZnO–22.4 mol% BaO–20.6 mol% P<sub>2</sub>O<sub>5</sub>(以下VPと略記)ガラスの2つの組成系の実用化に向けた評価試験の検討を行った.評価試験内容としては,平面蛍光管の封着加工後のサーマルショック試験,耐圧試験,連続点灯試験を行った.対象実験として従来の鉛ガラス(以下Pbと略記)で作製した平面蛍光管と比較した結果,サーマルショック試験および加圧試験では鉛ガラスで作製された平面蛍光管と同等の熱衝撃および圧力衝撃性を有していることがわかった.また,連続点灯試験においても鉛ガラスを使用したものと同等の発光特性を有することがわかった.

Lead-free glasses with a low melting temperature (lower than 600°C) and good chemical durability are desirable for the sealing process in the ceramic and electronic industries. In our previous studies, the quaternary systems (41.8 mol% V<sub>2</sub>O<sub>5</sub>–3.1 mol% ZnO–17.6 mol% BaO–37.5 mol% TeO<sub>2</sub> or 53.0 mol% V<sub>2</sub>O<sub>5</sub>–4.0 mol% ZnO–22.4 mol% BaO–20.6 mol% P<sub>2</sub>O<sub>5</sub>) were confirmed to have excellent sealing and thermal properties. In this study, we carried out a thermal-shock test, a pressure-resistance test, and a continuous lighting test for evaluating the practical application. These lead-free glasses exhibited excellent performance and properties as a substitute for the commercial lead sealing glass.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 287-290, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110758
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435500
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ