一般廃棄物焼却飛灰のリン酸カルシウムハイドロゲルへの再資源化 Synthesis of Calcium Phosphate Hydrogel from Waste Incineration Fly Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 福井 国博 FUKUI Kunihiro
    • 広島大学大学院工学研究科 物質化学システム専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima University
    • 木戸口 聡 KIDOGUCHI Satoshi
    • 広島大学大学院工学研究科 物質化学システム専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima University
    • 有満 直樹 [他] ARIMITSU Naoki
    • 広島大学大学院工学研究科 物質化学システム専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima University
    • 山本 徹也 YAMAMOTO Tetsuya
    • 広島大学大学院工学研究科 物質化学システム専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima University
    • 吉田 英人 YOSHIDA Hideto
    • 広島大学大学院工学研究科 物質化学システム専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

抄録

焼却飛灰を原料として,リン酸カルシウムハイドロゲルを作製することが可能であることが確認された.その際に必要となるリン酸量は炭酸カルシウム試薬から作製した場合と同量であった.その特性を炭酸カルシウム試薬から作製したものと比較検討した結果,中間生成物であるリン酸カルシウムガラスの機械的強度は,焼却飛灰を原料とした場合のほうが小さいことがわかった.また,焼却飛灰中に価数の高い金属イオンが含まれるために,焼却飛灰を原料とした非晶質リン酸カルシウムハイドロゲルの方が高い電導率を有し,その水分保持力も高いことがわかった.さらに,結晶質のリン酸カルシウムハイドロゲルでは,炭酸カルシウム試薬を原料としたときのほうが,その電導率は高くなる.これは焼却飛灰から作製したハイドロゲルのほうが結晶性が低いためであると考えられる.しかし,その差異は温度が上昇するにつれて減少することが明らかとなった.

Waste incineration fly ash could be successfully recycled into calcium phosphate hydrogel, a type of fast proton conductor. Various properties of the intermediate and calcium phosphate hydrogel from incineration fly ash were characterized and compared with those from calcium carbonate reagent. It was found that the intermediate from the incineration ash, calcium phosphate glass has lower strength than that from calcium carbonate reagent.<br>The electrical conductivity of amorphous and crystallized hydrogel obtained from any raw material increases exponentially with increasing temperature. However, the amorphous hydrogel from incineration ash shows higher electrical conductivity than that from the reagent. On the other hand, the crystallized hydrogel from incineration ash has lower electrical conductivity and lower crystallinity than that from the reagent. Moreover, the difference in electrical conductivity between these crystallized hydrogels decreases with temperature. These experimental results suggest that the incineration fly ash is a useful calcium source for the synthesis of calcium phosphate hydrogel.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 304-308, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110797
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435542
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ