鉄粉を用いたフェントン反応によるトリクロロエチレンの分解反応速度 Decomposition Kinetics of Trichloroethylene by Fenton's Reaction that Uses Iron Powder

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田熊 保彦 TAKUMA Yasuhiko
    • 成蹊大学大学院工学研究科 応用化学専攻プロセスシステム研究室 Department of Application Chemistry, Faculty of Engineering, Graduate School Seikei University
    • 福田 加代子 FUKUDA Kayoko
    • 成蹊大学大学院工学研究科 応用化学専攻プロセスシステム研究室 Department of Application Chemistry, Faculty of Engineering, Graduate School Seikei University
    • 川田 幸平 [他] KAWATA Kohei
    • 成蹊大学大学院工学研究科 応用化学専攻プロセスシステム研究室 Department of Application Chemistry, Faculty of Engineering, Graduate School Seikei University
    • 加藤 茂 KATO Shigeru
    • 成蹊大学大学院工学研究科 応用化学専攻プロセスシステム研究室 Department of Application Chemistry, Faculty of Engineering, Graduate School Seikei University
    • 里川 重夫 SATOKAWA Shigeo
    • 成蹊大学大学院工学研究科 応用化学専攻プロセスシステム研究室 Department of Application Chemistry, Faculty of Engineering, Graduate School Seikei University
    • 小島 紀徳 KOJIMA Toshinori
    • 成蹊大学大学院工学研究科 応用化学専攻プロセスシステム研究室 Department of Application Chemistry, Faculty of Engineering, Graduate School Seikei University

抄録

本研究では鉄粉と過酸化水素を用いたフェントン反応によるTCEの分解反応の反応速度を測定した.その結果,鉄粉を用いたときにはFe(II)を用いた場合と異なり,TCE分解速度は分解初期の導入期を経た後,分解が進むことがわかった.導入期を除くと,反応はTCE濃度に対して1次として解析できた.得られた反応速度定数は,鉄粉濃度に対して1次反応であることがわかった.過酸化水素濃度に対しての反応次数は過酸化水素濃度範囲によって変化することがわかった.また,高濃度の過酸化水素を用いた場合,TCE分解反応の過酸化水素濃度に対する反応次数は負になることがわかった.

In this study, we used iron powder and hydrogen peroxide, and investigated the kinetics of decomposition of TCE by the Fenton's reaction. As a result, the decomposition of TCE with iron powder was found to occur after some introduction period, which is not observed for that with ferrous iron. Excepting the period, the decomposition rate was found to be analyzes as the first order reaction. The obtained first reaction constants are found to be proportional to the iron powder concentration, but the reaction order to hydrogen peroxide changed with the range of its concentration. At its relatively high concentration of hydrogen peroxide, the reaction order for the concentration of hydrogen peroxide became negative.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(2), 309-312, 2008-03-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110806
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9435559
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ