二酸化窒素の吸収に及ぼす液物性の影響 Effect of Liquid Properties on Nitrogen Dioxide Absorption

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

二酸化窒素の吸収操作で硝酸の生成を抑えることを目的として,吸収速度,吸収率,選択率に及ぼす初発pH,イオン強度,還元剤添加の影響を実験的に検討した.気泡塔型の回分式吸収装置に二酸化窒素を含む混合ガスを通気し,吸収液中の亜硝酸イオンおよび硝酸イオン濃度を測定した.吸収液の初発pHが高く,イオン強度が大きいほど吸収速度が大きく,硝酸生成を抑えることができる.また,吸収液に還元剤として亜硫酸ナトリウムを添加すると,生成物はほとんど亜硝酸になる.

To inhibit nitrate synthesis during the absorption process of nitrogen dioxide, we experimentally examined the effects of the initial pH, ionic strength, and reductant on the absorption rate, absorption efficiency, and selectivity. In this experiment, we fed a mixed gas, which contained nitrogen dioxide, through a bubble-column batch-type absorbing apparatus, and measured the concentrations of nitrite and nitrate in the absorbing solution. The results indicate that the higher the initial pH and ionic strength of the absorbing solution, the greater the absorption rate, and thereby, the greater the suppression of nitrate synthesis. Furthermore, adding sodium sulfite to the absorbing solution resulted in an abundance of the nitrite.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(3), 339-343, 2008-05-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110860
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9520621
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ