バッチプロセスにおける進捗管理支援システム Progress Control Support System for Batch Processes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

バッチプロセスでは,様々な要因により各工程の所要時間が変動する.所要時間の変動によるスケジュールの遅れは生産性の低下や作業ミスの原因となるため,できるだけ早くもとのスケジュールに戻すことが望ましい.本報では実際に遅延が発生したとき,復旧方法をオンラインでガイダンスするシステムを提案する.提案するシステムでは,まず遅延発生時に取り得る対策を戦略として分類し,戦略ごとに各工程の短縮可能時間と短縮に要するコストを定義した.そして,復旧するまでに許されるバッチ数の制約下で復旧に要するコストを評価として所要時間を短縮する工程とその短縮時間を導出する手法を提案した.提案した最適化手法を組み込んだ遅延回復支援システムのプロトタイプシステムを開発し,その有効性についてシミュレーションにて評価した.

In a batch process, the processing time changes according to various unforeseen factors. The delay of pre-assigned schedule lowers productivity and acts as a trigger for operational faults. Thus, the delay should be recovered within a reasonable time period. In the proposed system, several delay recovery strategies are defined in advance, and for each strategy the maximum reduction time and its cost are assigned to each processing stage. Then, the problem of finding the revised schedule is formulated as the problem of optimizing the recovery cost under the constraint of the number of batches within which the schedule should be recovered. A progress control support system using the proposed optimization method has been developed. When the delay of the operation occurs, the proposed system graphically indicates the operations where the processing times should be shortened. The effectiveness of the developed system was evaluated by applying the system to several test problems.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(3), 367-375, 2008-05-20 

    化学工学会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110939
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9520723
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ