複数のモデル予測制御器のコーディネーション法 Coordination of Multiple Model Predictive Controllers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 坂倉 義康 SAKAKURA Yoshiyasu
    • 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 野田 賢 NODA Masaru
    • 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 西谷 紘一 NISHITANI Hirokazu
    • 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology

抄録

本論文では,1つのモデルを用いて設計パラメータの異なる複数のモデル予測制御器を構築して並列に配置し,それぞれの制御器の算出する局所操作量をアフィン結合してプロセスへの操作量とする制御系について考察した.異なる評価関数の重みパラメータを持つ複数のモデル予測制御器の結合係数の決定関数としてソフトマックス関数を用い,調節パラメータを導入することによって制御性能を調節する方法を提案した.提案手法をCSTRの温度制御に適用した結果,単一のモデル予測制御器を用いる場合と比較して良好な制御性能が得られることを示した.さらに,モデル予測制御アルゴリズム中の評価関数の重みパラメータをスケジューリング関数を用いて直接調節する手法との制御性能比較を行った結果,ほぼ同等の結果が得られることを示した.

This paper presents a new coordination method of multiple model predictive controllers (MPCs) for the chemical process. In this control scheme, multiple MPCs are implemented in the control system and they run in parallel. The input to the controlled process is calculated by an affine combination of these MPC outputs. Each coordination function is made by using the soft-max function. We applied this method to temperature control for a continuous stirred tank reactor (CSTR). The simulation result showed that the proposed method provides better control performance than individual MPCs. We also compared this method with an MPC with a scheduling rule of the Q–R weights.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(3), 376-382, 2008-05-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110944
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9520756
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ