2,2':6',2"-Terpyridine 結晶構造への磁場の影響 Magnetic Field Influence on the Crystal Structure of 2,2':6',2"-Terpyridine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2,2′:6′,2″-Terpyridine (terpy) は長寿命りん光を示す興味深い発光分子である.固相状態においてさらなる長寿命なりん光が期待されている.現在までにterpyについて二つの結晶構造が報告されている.しかし発光特性については詳しく議論されていない.本研究では磁場を用いたterpyの二つの多形の制御に関する新しい方法を示し,磁場制御可能な有機りん光材料の開発の可能性について議論する.<br>通常は斜方晶が得られるが,5 T以上の磁場下では単斜晶が得られた.この単斜晶は室温りん光を示し,りん光寿命は磁場強度の増加とともに長くなった.

2,2′:6′,2″-Terpyridine (terpy) is interesting photophysical molecule which exhibits long-lived phosphorescence. And more long-lived phosphorescence is expected in a solid state. Until now, two crystal structures were reported for terpy. However, details of photophysical properties of the crystals were seldom discussed. We show new method for controlling the two polymorph of terpy using magnetic-field and possibility for the development of magnetic-tunable organic phosphorescent materials is discussed.<br>Under normal conditions, the orthorhombic crystals were obtained. Under magnetic field above 5 T, however, the monoclinic crystals were precipitated. The monoclinic crystals exhibited room temperature phosphorescence. The lifetime of phosphorescence was increased with increasing magnet intensity.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 34(3), 383-387, 2008-05-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021110954
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    9520792
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ