ドライブレコーダにより記録された動画像に基づく先行車との車間距離推定 Following Distance Estimation based on the Video Image Sequence Acquired by Drive Recorder

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿ではドライブレコーダ画像を自動解析し,事故対象車との相対関係を推定する手法を提案する. 特に,人身事故にも結びつきやすい「追突事故」の事例を解析するために先行車との車間距離を半自動推定する手法を提案する. 先ずは特徴点追跡と8点アルゴリズムによって車体の運動パラメータを獲得し,車体が路面に水平に移動するといった仮定に基づいてドライブレコーダ(自車)の取付角度を推定した. 次にオペレータにより与えられた先行車領域をパーティクルフィルタを適用することで精度良く追跡し,車間距離の推定を実現した.

In this paper, we proposed the method which can estimate the relative position between leading vehicle and following vehicle based on the movie acquired by following vehicle's Drive Recorder. This method is designed to analyze several traffic accidents - especially fender bender - in automatically. At the first step, our method estimates the depression angle of drive recorder's camera based on feature points tracking and Eight-Points Algorithm. At the second step, the region of the leading vehicle is given by operator at selected frame. Our method then tracks given leading vehicle image in whole of the video image sequence based on particle filter algorithm. Finally, the distance between leading vehicle and following vehicle is estimated based on depression angle and image tracking result.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 37(1), 32-40, 2008-01-25 

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021112794
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    9611286
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ