異なる大きさの手の体験可能性検証と視覚遅延の影響 An Investigation into the Possibility of Experiencing Different Size Hands : Visual Delay Effect

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮田 なつき MIYATA Natsuki
    • 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター Digital Human Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
    • 河内 まき子 [他] KOUCHI Makiko
    • 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター Digital Human Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
    • 持丸 正明 MOCHIMARU Masaaki
    • 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター Digital Human Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
    • 太田 順 OTA Jun
    • 東京大学大学院 工学系研究科 Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

抄録

本稿では,光学系と相似形物体を用いた異なる大きさの手体験システムを提案する. 本システムは,相似形物体と逆倍率の光学系を介し,視覚的に手の大きさのみが変化する環境を提示することで, 自らの手の大きさが変化したという錯覚を与える. 手で物体を操作し,手の感覚から物体を知覚するためには「意志作用感」と「自己所有感」が必要であるが, これら両感覚は視覚遅延の影響を受けることから,高い水準の両感覚が得られる許容視覚遅延量を主観評価に基づき検証した. ボタン押しタスク後に,手の大きさの感じ方,意志作用感,自己所有感に関するアンケート回答する実験により, 異なる大きさの手体験における視覚遅延許容量は100msであるという結果が得られた.

This paper presents the system providing experience of hands of different sizes composed of optical systems and analogous objects. The hand size is recognized to be different from one's own when presented a hand of a different size in an environment that seems changeless in size by adjusting the optical zoom and actual object size, but not the hand size, proportionately. For successful manipulation of objects by hand, we need to feel "a sense of agency" and "sense of ownership" adequately. As these senses are affected by visual delay, the effect of visual delay on the experience was examined by subjective evaluations. The answers to a questionnaire about hand size, sense of agency and sense of ownership were measured after a button-pushing task. The experimental results showed that the allowable visual delay is 100ms for experiencing hands of different sizes.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 37(1), 41-49, 2008-01-25 

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021112808
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    9611317
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ