適応型フィルタによるLCD画像からのむら欠陥輪郭候補画素検出 Detection of Candidate Pixels for Contour of Uneven Area Defect on LCD Image Using Adaptive Filter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,液晶ディスプレイ(LCD)に現れるむら欠陥の輪郭候補画素を 検出する手法について述べる.LCDのむら欠陥は,その位置やサイズ, 状態が不定であるため,熟練作業員の目視検査に頼っているのが現状である. 提案手法では,最初にLCDの撮像画像から簡易的な方法によってモアレの 低減を試みる.次に,周辺の画像パタンに応じて,画素ごとに方向と サイズが適応的に変化する方向サイズ可変フィルタを適用する.そして, 局所的なブロックごとの動的しきい値処理を通して,むら欠陥を 構成する輪郭線候補画素を抽出する.実験の結果,提案する方向サイズ 可変フィルタが有効に働き,むら欠陥の輪郭部が良好に検出できることがわかった.

This paper proposes a method to detect candidate pixels that compose the contour of an uneven area defect on LCD display. In the current LCD manufacturing line, the visual inspection by skillful inspectors is required to detect an uneven area defect because its location, size and status are unpredictable in advance. In the proposed method, the influence by moiré pattern is reduced by a simple method using focused image and unfocused image at first. Next, the special filter that can change its direction and size according to a surrounding image pattern is applied. After that, candidate pixels for contour of uneven area defect are detected through the dynamic threshold technique by local blocks. The experimental results showed that the major parts of contours of uneven area defects were detected by the proposed method.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 37(1), 50-56, 2008-01-25 

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021112827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    9611333
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ