物流センサスによる山梨県のマテリアルフローの時系列分析 Time-Series Analysis of Material Flow in Yamanashi Prefecture using Physical Distribution Data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 島崎 洋一 SHIMAZAKI Yoichi
    • 山梨大学大学院医学工学総合研究部工学学域社会システム工学系 Social System Engineering, Division of Engineering, Interdisciplinary Graduate School of Medical and Engineering, University of Yamanashi

抄録

 循環型社会を形成するための評価手法として,地域単位におけるマテリアルフロー分析が提唱されている。マテリアルフロー分析は,対象システムの物質の流れを定量的に示し,環境負荷との関係を明らかにする方法である。本研究では,物流センサス(全国貨物純流動調査)を用いて,山梨県の1990年,1995年,2000年のマテリアルフローを推計し,物質収支の時系列変化を定量的に把握することを目的とする。従来,都道府県レベルのマテリアルフロー分析は,地域間の比較分析から地域の特徴把握を重視する傾向にあり,時系列の観点からはあまり分析がなされていない。そこで,時系列データの長所を活かし,得られた推計結果と業種別廃棄物排出量,最終エネルギー消費量などの統計データを参照し,マクロな観点から,物質循環の指標や廃棄物排出量の要因分析について,新たに提案する。 マテリアルフローを推計した結果,総発量と総着量の差から算出された山梨県の物質収支は,1990年から2000年までの10年間においてプラスからマイナスに転じた。これは,県内へ入荷される金属機械工業品の増加と同時に県外へ出荷される鉱産品の量が大きく減少したことに起因する。また,山梨県は過去10年間において総着量に対する廃棄物排出量の削減および付加価値の高い製品を出荷する生産構造へ進展しているが,エネルギー消費量や二酸化炭素排出量の側面では悪化していることがわかった。山梨県の廃棄物排出量の変動について,1995年の廃棄物排出量が増加した理由は,第2次産業の経済活動の停滞に対し,第3次産業の経済活動が活発になったことが考えられる。一方,2000年の廃棄物排出量が減少した理由は,第2次産業におけるリデュースの効果と考えられ,鉱業の生産活動の変化が最も関係していることがわかった。以上の分析から,地域単位のマテリアルフローを時系列の観点から分析する有用性を示すことができた。

Material flow analysis is a powerful method for achieving a zero emission society goal. It applies the concepts of industrial ecology to study how materials and energy flow into, throughout, and out of a system. The aim of this study is to estimate the material flow in Yamanashi Prefecture from the viewpoint of time-series using physical distribution census data. The census has been improved through nationwide researches by government organizations every five years. The author calculates the input, output and throughput of material with reference to other statistics, e.g. census of manufactures, input output tables, industrial wastes, final energy consumption and carbon dioxide emission. etc. The mass balance of Yamanashi Prefecture changed from the plus 4, 145 kiloton into the minus 4, 218 kiloton in ten years. Especially, the amount of the mining goods i.e. gravel, sand and stone shipped outside the prefecture has decreased. In addition, this study proposes the factor analysis on a change in the amount of waste referred to as the Kaya Identity Equation. The amount of the waste in 1995 increased because the third industry became active while the second industry stagnated. On the other hand, it was an effect of reduce that the amount of waste in 2000 decreased with a core of the second industry, and was related most the change in the production activity of mining. It is useful to analyze the material flow from the viewpoint of the time-series.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 21(1), 27-36, 2008-01-30 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021113110
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    9369866
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ