炭素クレジットが土地利用に与える影響の予測 Prediction of land-use change induced by carbon credit using a numerical model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 これまでの土地利用変化は,主に森林から農地への転換が行われてきた。しかし,温暖化対策として植林が認められ,炭素クレジットがつくと森林の生産的価値が上昇し,林地から農地への転換が減少することや,未利用地への植林が進むことが予想される。林地から農地への転換が減少すると,相対的に食糧生産を圧迫する可能性が指摘されているが,詳細な検討は行われていない。そこで本研究では,炭素クレジットの導入に伴う土地利用変化を予測する手法の開発と,炭素クレジットの導入の土地利用への影響を数値モデルを用いて行う。特に,全球規模で考えると人間活動に伴う土地利用割合が最も大きい,森林から農地への転換を考える。加えて,炭素クレジットによる未利用地への植林も考慮する。まず,将来シナリオの違いによる土地利用変化の違いから,土地利用変化の要因を探る。次に,炭素クレジットの導入により,土地利用がどのように変化するかを検討する。最後に炭素価格の将来的な予測が森林面積の増大に与える影響を検討し,今後の発展の方向性を考察する。本研究では,既往の土地利用予測モデルと異なり,メッシュで得られた農林業の生産性や,全球の土地被覆マップを利用する,メッシュベースの土地利用予測モデルである。将来しなりの違いによる土地利用変化の違いは,特にアフリカが敏感であることが示された。また,炭素クレジットの導入により,農地への転換が減少することや,炭素クレジットが今後上昇していくと,よりいっそう農地への転換が減少することが示された。

Traditionally, land use change has involved forests being turned into farmland. However, this may change now that forestry has become recognized as a method to reduce the effects of climate change. Carbon credit systems will increase the productive value of forests which may reduce the occurrence of forested land being turned into farmland and result in the afforestation of unused land. If less forested land is turned into farmland, there is speculation that there will be complementary pressure on food production; however, detailed study has not been done on this issue. The current research involved developing a method to predict the potential of land use change upon the introduction of a carbon credit system using a numerical model. In particular, we considered conversions from forested land to farmland and the afforestation of unused land due to the introduction of a carbon credit system. First, we investigated the reasons for land use change by looking at differences in land use change that result from different scenarios. Next, we considered how land use would change as a result of introducing a carbon credit system. Finally, we investigated the effect of carbon price predictions on increases in forest areas in order to determine trends in future development. The current research differs from research involving traditional land use models because we used a mesh-based land use prediction model that uses the productivity of agriculture and forestry obtained from mesh and a global land cover map. We found that Africa was particularly sensitive to differences in land use that result from different scenarios. We also found that the introduction of a carbon credit system will reduce the amount of land that is converted to farmland and that if the carbon credits appreciate in value, there will be an even greater reduction.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 21(1), 37-52, 2008-01-30 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021113132
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    9369896
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ