IPCC排出シナリオ(SRES)にもとづいた世界の食料必要量の長期推計 Long-term Projections of Global Food Requirements from the IPCC Special Report on Emissions Scenarios (SRES)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 棟居 洋介 MUNESUE Yosuke
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科 Graduate School of Decision Science and Technology, Tokyo Institute of Technology
    • 増井 利彦 MASUI Toshihiko
    • 国立環境研究所社会環境システム研究領域 National Institute for Environmental Studies, Social & Environmental Systems Division

抄録

 気候変動にともなう長期的な食料不安(Food Insecurity)の評価のためには,将来の社会・経済の発展パターンの違いを考慮に入れた空間的,時間的により詳細な需要サイドからの食料必要量の推計が不可欠である。本研究では,気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の「排出シナリオに関する特別報告書(SRES)」の4つの社会・経済シナリオにもとついて,世界184力国・地域を対象に,世界食糧農業機関(FAO)の食料需給表96品目について一次生産レベルの食料必要量を1990年から2100年まで推計した。先行研究(棟居・増井,2006)では各国の栄養不足人口の割合を2.5%以下に担保するために必要な国レベルの食事エネルギー必要量を推計したが,本研究では,その結果と食料消費パターンの変化から各国の最終消費レベルにおける食料必要量を品目別に算定し,さらに食料のライフサイクルにおける家畜飼料,種子,食品加工原料などの用途,および廃棄物の発生を考慮に入れて品目別の一次生産レベルの食料必要量を算出した。さらに,各国の一人当たり所得のシナリオと一次生産レベルの食料必要量の推計結果をもとに,需要サイドから将来食料不安のリスクが高まる可能性があると考えられる国,地域の抽出を行った。 推計の結果,例えば穀物については,予測の基準年(1990年)における世界全体の国内消費仕向け量は17億4,000万トンであったが,世界全体の必要量は,高成長社会シナリオ(A1)および持続発展型社会シナリオ(B1)では,今世紀半ばにそれぞれ34億600万トン,34億2,600万トンでピークに達し,2100年にかけて26億5,000万トン程度まで逓減することがわかった。また,多元化社会シナリオ(A2)および地域共存型社会シナリオ(B2)では,今世紀末まで増加を続け,2050年にはそれぞれ39億800万トン,37億4,000万トン,さらに2100年には60億1,000万トン,40億3,000万トンにまで達することが予測された。また,予測期間を通して一人当たり所得の低い国ほど基準年からの食料必要量の増加率が大きい傾向が確認され,それらの食料不安のリスクが高まる可能性がある国の多くはサハラ以南アフリカ地域に集中することが示された。。

National food requirements have been estimated covering 184 countries from 1990 to 2100 based on the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) Special Report on Emissions Scenarios (SRES) for providing information help to evaluate the impact of climate change on food security. Projections are carried out for ninety-six food items in FAO' food balance sheets (FBS) so that the proportion of undernourished in total population may be below 2.5 % throughout the projection period. These estimations are nearly equivalent to supply for domestic utilization in FBS, which is comprised of utilization elements such as feed, seed, food manufacture, waste and final use. Consequently, world cereal requirements in SRES Al and B1 scenarios reach 3, 406 million tones and 3, 426 million tonnes in 2050 respectively and decrease to 2, 650 million tonnes in 2100. On the contrary, those in A2 and B2 scenarios continue to increase to 3, 908 million tones and 3, 740 million tonnes in 2050 and reach 6, 010 million tones and 4, 030 million tonnes in 2100. A number of today's food-insecure countries seem likely to have overcome their food access problems by 2030, with much of the remaining food security problem concentrated in sub-Saharan Africa due to low person's income levels and rapid increases in food requirements.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 21(1), 63-88, 2008-01-30 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021113178
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    9369961
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ