資源作物の燃料材代替による発展途上地域の二酸化炭素排出削減ポテンシャルの評価 Potential Evaluation of Carbon Dioxide Reduction by Substituting Energy Crops for Fuel Wood in Developing Countries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 地球規模の気候変動や砂漠化が深刻化する中,先進国を中心にバイオマス資源の活用が注目されているが,発展途上地域ではバイオマス資源である燃料材(薪炭材)の過剰伐採が森林減少の要因のひとつとなっており,将来の化石燃料需要の増加も懸念されている。本研究では,発展途上地域における森林減少を伴う燃料材へのエネルギー依存を低減し二酸化炭素排出量を増加させないカーボンニュートラル(炭素中立)型経済発展の方向性を考察する視点で,資源作物として1年程度の周期で収穫可能な草本系バイオマスの導入を検討し,その燃料材代替による二酸化炭素排出削減ポテンシャルを評価した。森林火災以外の森林面積減少を伴う木質系燃料材(非カーボンニュートラル系燃料材)の2000年および2030年における消費量を推計した上で,それらのエネルギー需要を資源作物に代替するシナリオを検討した。1990年代に森林火災以外の要因で森林面積が減少している51の発展途上地域を対象として,永続農耕地で一年生イネ科植物の輪作を行い,農耕可能地の一部で多年生イネ科植物を栽培することにより,非カーボンニュートラル系燃料材需要の代替に必要な資源作物が栽培可能であることが確認できた。さらに,非カーボンニュートラル系燃料材代替を果たした上で余剰となる草本系バイオマスのエネルギー利用で化石燃料需要の一部を代替することにより,2030年に予想される発展途上地域からの化石燃料由来二酸化炭素排出を最大18%程度削減できる可能性を示した。

Extreme consumption of fuel woods as biomass energy has caused global depletion of forest in many developing countries. In focusing on the carbon neutral development, we evaluated reduction potential of carbon dioxide emission by substituting energy crops for fuel woods and fossil fuels based on the plantation scenarios of grass type biomass that could be harvested in one year cycle in developing countries. After estimating energy demand by fuel woods in 2000 and 2030, we investigated the harvested land use scenarios including the substitution of grass type biomass for fuel wood energy consumption. The objective regions were 51 developing countries where forest depletion besides wildfires has been proceeding between 1990 and 2000. On the scenario including crop rotation in the permanent crop land and grass plantation in the arable land, we could confirm the possibility of substitution for fuel wood energy consumption accompanying forest depletion. Furthermore, utmost 18% reduction potential of carbon dioxide emission derived by fossil fuels from developing countries in 2030 was shown by investigating the substitution for fossil fuels consumption by utilizing surplus grass biomass energy after substituting for fuel woods.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 21(2), 133-142, 2008-03-30 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021113321
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    9460549
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ