複合微生物系による生ごみの水素発酵に関する研究 Research on Hydrogen Fermentation from a Mixed Culture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 本研究では,生ごみの水素発酵システムにおける微生物学的な安定化技術を確立するための基礎的知見を得ることを目的とした.<I>Clostridium</I>属菌種単独による生ごみからの水素発酵における問題点について解析するとともに,系統群の異なる複数の菌種を混合することで生ごみからの水素発酵能の安定化を試みた. <I>Clostridium</I>属菌種単独による生ごみからの水素発酵では,一時的な高い水素発酵能を示すものの,その安定性は低く,連続的な水素発酵を行うことは非常に困難であることが示された.<I>C.beijierinckii</I>と <I>E.aerogenes</I>および <I>C.maltosa</I>を用いた複合微生物系により,実生ごみから安定して連続的に水素発酵を行うことが可能であった.この時の平均水素収率は2.0 mol H<sub>2</sub>/ mol hexoseであり,5.1mmol H<sub>2</sub>/ g dry-garbageの効率で生ごみから水素を安定的に生産できることが示された.本複合微生物系を用いることにより,実生ごみの水素発酵システムにおける安定化技術に寄与できる可能性が考えられた.

The aim of this study is to contribute to the development of microbial techniques that can stabilize hydrogen fermentation systems from garbage. A mixed culture of <I>Clostridium beijierinckii, Enterobacter aerogenes</I> and <I>Candida maltosa</I> produced H2 at a rate of 5.1mmol H2/g dry-garbage with an H2 yield of 2 mol H2/mol hexose in a semi-continuous culture. The mixed culture has the possibility to contribute to the development of microbial techniques that can stabilize hydrogen fermentation systems using waste biomass.

収録刊行物

  • 環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING  

    環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING 37(6), 421-427, 2008-06-20 

    Society of Environmental Conservation Engineering

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021113908
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00046213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03889459
  • NDL 記事登録ID
    9551223
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-834
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ