高分子とソリトン : 共役ポリマーにおけるソリトンとポーラロン Polymers and Solitons : Solitons and Polarons in Conjugated Polymers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 一義 TANAKA Kazuyoshi
    • 京都大学大学院工学研究科分子工学専攻 Dept. of Molecular Engineering, Graduate School of Engineering, Kyoto University

抄録

ポリアセチレンなどの共役ポリマーに現れるソリトンやポーラロンは,非線形微分方程式の特殊解として理解される。ここでは数学および数理物理学的な見地から非線形微分方程式の特殊解としての一般的なソリトンを概説し,併せてポリアセチレンにおけるソリトンとポーラロンの性質は,キンク型ソリトンとして定式化されることを説明した。

This summary explains fundamental aspects of solitons and polarons in conjugated polymers from both mathematical and phenomenologicavl iewpoints. In general, solitons are particulars olutions of non-lineard ifferentiale quation having special characteristics such as particle pictures. Solitons and polarons found in polyacetylene are understood as the kink solitons often found out in solid state materials rather than tsunami-likeso litons. This kink is a kind of elementarye xcitationw hose energy level appears in the band gap region.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(2), 86-89, 2008-02-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021118948
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9368812
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ