イソシアニドの「有機合成化学」と「高分子科学」 "Synthetic Organic Chemistry" and "Polymer Science" of Isocyanide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 杉野目 道紀 SUGINOME Michinori
    • 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 Dept. of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University

抄録

イソシアニドは有機合成化学における反応性化合物として重要な役割を果たす一方,高分子科学における特徴的な重合モノマーとしても知られている。「有機合成化学」と「高分子科学」がどのように相互作用しながらイソシアニドの化学を発展させてきたか概観し, <I>o</I>-ジイソシアノベンゼンの不斉リビング重合への展開について述べる。

Unique reactivity of isocyanides has been a major research subject both in polymer science and organic chemistry, leading to the development of transition metal-mediated polymerization, which gives rise to the formation of helical poly(iminomethylene)s, and various synthetically useful transformations such as Ugi reaction. The reactivity of isocyanide was successfully extended to aromatizing polymerization of <I>o</I>-diisocyanibenzenes, giving rise to the formation of poly(quinoxaline-2, 3-diyl)s, which adopt stable helical structure. Selective synthesis of optically active poly(quinoxaline-2, 3-diyl)s via asymmetric living polymerization and the possibility of their application to asymmetric organic synthesis are described.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(3), 130-133, 2008-03-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021118987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9400797
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ