遷移金属錯体触媒を用いる芳香族ポリマーの精密合成 Precision Synthesis of Aromatic Polymers by Transition Metal Complex Catalysts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

遷移金属錯体触媒による芳香族ポリマーの精密合成が大きく進展している。フェノール性モノマーの酸化重合はクリーンな合成法として見直され,位置選択性や立体選択性も制御されてきた。またC-Cクロスカップリング重合についても,位置選択性だけではなく,リビング的連鎖重合により分子量分布も制御できるようになった。

Precision synthesis of aromatic polymers by transition metal catalysts has greatly progressed. Oxidative polymerization of phenolic monomers has been recently reconsidered as a clean synthetic method. The regioselectivity for the polymerization of 2and/or 6-unsubstituted phenols can be controlled by a radical-controlled catalyst, a catalyst immobilized on mesoporous materials, and so on. The asymmetric oxidative coupling polymerization of naphthol derivatives by a chiral catalyst is also found. The C-C cross coupling such as Kumada-Tamao type and Suzuki-Miyaura type has been actively applied to a polymerization method. Not only the head-to-tail selectivity is regulated, but also molecular weight distribution is controlled via catalyst transfer polycondensation.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(3), 138-141, 2008-03-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119031
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9400817
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ