キラル有機分子触媒を用いる環境調和型有機合成 Environmentally Benign Organic Synthesis Using Chiral Organocatalysts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市販の光学活性ビナフトールから出発して,各種のキラル有機分子触媒を新たにデザインした。すなわち,アニオン性有機分子触媒としてのキラル相間移動触媒をはじめ,キラルニ官能性有機分子触媒やキラル有機酸触媒をデザインすることにより,各種の天然型および非天然型アミノ酸の実用的不斉合成プロセスを開拓することができた。

Various types of new catalytic asymmetric reactions (<I>i. e</I>., asymmetric alkylation, aldol reaction, conjugate addition, Mannich reaction, <I>etc</I>. ) have been developed in an environmentally benign manner based on the rational design of chiral phase transfer catalysts, chiral bifunctional sulfonamide amino catalysts, and chiral binaphthyl dicarboxylic acids as efficient chiral organocatalysts, starting from commercially available optically pure binaphthols.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(3), 142-145, 2008-03-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119069
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9400833
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ