ラダー型π電子系の典型元素修飾 Ladder π-Electron Materials with Main Group Elements

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有機エレクトロニクスの主役であるπ電子系化合物の中でも,とくに注目を集めるのがラダーπ電子系である。平面に固定されたπ共役骨格により,強い蛍光や高い電荷移動度などの物性をもつ。この骨格に典型元素を導入することにより,構造・物性のさらなる修飾が可能となる。この「典型元素修飾」に焦点を当て,その可能性と展望について述べる。

The progress in organic electronics highly relies on the development of new excellent π-conjugated materials. ln this regard, ladder-type π-conjugated frameworks are promising building units, wherein the enhanced π-conjugation by their rigid coplanar structures leads to a set of desirable properties such as intense fluorescence and high carrier mobility. An effective modulation of this class of materials is to incorporate group 13-16 elements, such as B, Si, P, S, and Se, into the ladder frameworks. Exploitation of the features of these elements, unique orbital interaction, varied coordination/valence numbers, and structural features, allows us to create new fascinating molecular systems. Recent progresses in this direction are summarized, in particular, focusing on the chemistry of ladder oligo(p-phenylenevinylene)s and fused oligothiophenes.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(3), 150-153, 2008-03-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119108
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9400869
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ