遷移金属触媒反応を活用する重縮合, 重付加 Polyaddition and Polycondensation by Transition Metal Catalysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

遷移金属触媒反応を活用する重付加,重縮合に関する最近の進展について解説する。筆者自身が開発した有機合成反応としてのアルキンのカップリング反応やヒドロシリル化反応を利用し,二官能性のモノマーを設計,合成して重縮合,重付加することにより,ポリ(アリーレンエチニレン),ポリ(アリーレンビニレンシリレン)合成の事例を紹介する。また,遷移金属触媒を利用する重縮合,重付加において有機合成の新しい展開が高分子合成へと巧みに利用されている興味深い最近の事例についても解説する。

Synthetic organic reactions that we developed recently are applied to polymer syntheses by polycondensation and polyaddition reactions. Recent remarkable progress in this field including transition metal-catalyzed cross-coupling and hydrosilylation is also introduced.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(3), 154-157, 2008-03-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119133
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9400877
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ