教科書にみる高校理科教育の現状 Science Education in Upper Secondary School from a Viewpoint of Textbooks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

教科書は近年生徒にわかりやすく意欲を喚起する学習材と考えられている。諸外国の理科教科書には,科学と技術や社会との関連などの学習が含まれている。日本の高校生は理科と進路や実生活との関連について学ぶ機会が少なく,化学のわかりやすさや興味・関心,実生活・実社会での役立ちについての評価は低い。それらの工夫が求められている。

Textbooks are thought recently as learning materials which help students to understand science and stimulate them to learn science. Science textbooks include the topics related with science, technology and society in foreign countries. Japanese students have not many opportunities to learn the relation between science and jobs and real lives. And they do not appreciate the intelligibility, interest and usefulness in chemistry lessons so much. Science education is requested to promote it.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(4), 194-198, 2008-04-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119191
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9450467
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ