動的共有結合を用いる架橋高分子のリサイクル : 未来型リサイクル材料設計に向けて Recycling of Network Polymer Exploiting Dynamic Covalent Chemistry : Molecular Design Directed toward Novel Recyclable Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高田 十志和 TAKATA Toshikazu
    • 東京工業大学大学院理工学研究科有機・高分子物質専攻 Dept. of Organic and Polymeric Materials, Tokyo Institute of Technology
    • 小山 靖人 KOYAMA Yasuhito
    • 東京工業大学大学院理工学研究科有機・高分子物質専攻 Dept. of Organic and Polymeric Materials, Tokyo Institute of Technology

抄録

ケミカルリサイクルはもっとも効果的な資源の有効利用手段であり,合目的的なケミカルリサイクル法について真剣に取リ組む必要に迫られている。本稿では,これまでに報告されている架橋高分子のリサイクルを概観しながら,筆者らが最近研究している強くて柔らかい「動的共有結合を用いた非共有結合架橋系」と架橋高分子のリサイクルへの展開について紹介する。

This article describes the chemical recycling methods of network polymers based on the dynamic covalent chemistry. Reversible polymerization and crosslinking can be achieved by utilizing a variety of bondings such as imine, tert-ammonium salt, oxazoline, spiroorthoester, alkoxyamine, boronic acid, C=C bond, and disulfide, in addition to Diels-Alder reaction. Interlocked bonding such as rotaxane bond is emphasized as a crosslinking bonding coupled with the dynamic covalent bond of its axle component.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(5), 346-349, 2008-05-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  52件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119299
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9495882
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ