アセタール結合を有するポリウレタンフォームの合成とそのケミカルリサイクル Synthesis and Chemical Recycling of Polyurethane Materials Containing Acetal Linkages

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 橋本 保 HASHIMOTO Tamotsu
    • 福井大学大学院工学研究科材料開発工学専攻 Dep. of Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, University of Fukui

抄録

ポリウレタン材料の原料ポリオールの分子構造中にあらかじめアセタール結合単位を導入し,そのポリオールを用いてポリウレタンフォームやポリウレタンエラストマーを合成した。これらのポリウレタンは従来の汎用ポリウレタン材料と同等の性質や性能を有し,かつ酸の作用により室温で化学分解し,ポリオールや低分子原料を高純度で再生できることがわかった。再生されたポリオールは再び同じ種類のポリウレタンの製造に利用でき,ケミカルリサイクルが可能であることが示された。

This review concerns development of new chemically recyclable polyurethanes foams and elastomers. The key strategy is the introduction of acetal linkages into polyurethane backbones using acetal-containing polyols as raw materials. A treatment of these polyurethanes with aqueous acid at room temperature caused smooth hydrolysis reaction of the acetal linkages to produce polyols in high yield and high purity as degradation products.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(5), 350-353, 2008-05-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119352
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9495888
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ