超臨界流体を用いたポリエステルの可溶媒分解によるケミカルリサイクル Chemical Recycle of Polyester by Solvolysis in Supercritical Fluid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

超臨界流体中ではプラスチックは高速で低分子化され,資源化することが可能となる。ここでは超臨界あるいは亜臨界条件下の水やアルコールを溶媒とした解重合反応を利用した縮重合系プラスチックのケミカルリサイクル技術について概説するとともに,超臨界メタノールによるPETのモノマー化プロセスについて解説する。

Depolymerization processes of spent plastics by using sub- and supercritical fluids are reviewed. Condensed polymerization plastics are monomerized by solvolysis in sub- and supercritical fluids such as water or alcohol. Development of chemical recycling system for PET using supercritical methanol is described in detail. The reaction mechanism and kinetics had been studied and commercialization oriented study was carried out with pilot-scale plant.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(5), 354-357, 2008-05-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119377
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9495897
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ