ポリ乳酸の新展開 New Development of Polylactides

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木村 良晴 KIMURA Yoshiharu
    • 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科生体分子工学専攻 Dept. of Biomolecular Engineering, Kyoto Institute of Technology

抄録

バイオベースポリマーであるポリ乳酸は石油系ポリマーと比較するとコストと性能面で劣っている。そのため,物性改良が進められており,新たな展開を見せるようになってきた。とくに,<SUB>L</SUB>-乳酸と<SUB>D</SUB>-乳酸単位をうまく組み合わせ得られるステレオコンプレックス型やステレオブロック型のポリ乳酸(Neo-PLA)は高融点の耐熱性素材として開発が進められている。

Polymeric materials prepared from renewable natural resources are now being accepted as "bio-based polymers." Among them, polylactides (PLA) have been accepted by industry as the first manufacturing product. More recently, it has been shown that combination of enantiomeric poly(<SUB>L</SUB>-lactide)( PLLA)a nd poly(<SUB>D</SUB>-lactide)( PDLA)c an afford a wider range of properties compared to the single PLLA. Typically, the PLLA/PDLA stereocomplex formed by simple polymer blend shows high melting nature (230°C), while stereoblock polylactides (sb-PLA) consisting of PLLA and PDLA stereo sequences can provide different properties depending on the stereo sequence ratios. These novel PLA polymers showing high performance are named as "Neo-PLA" and developed as fibers and films that retains sustainability or bio-based nature.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(6), 430-433, 2008-06-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119469
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9549111
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ