セルロース系多糖を基軸とした機能性高分子材料の新展開 New Development of Cellulose-Based Functional Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 西尾 嘉之 NISHIO Yoshiyuki
    • 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻 Div. of Forest and Biomaterials Science, Graduate School of Agriculture, Kyoto University

抄録

リニューアブル・エコ素材であるセルロースは,側鎖反応性,水素結合能,キラリティー,半剛直性などの分子特性と,ゲル・錯形成,ナノロッド(ミクロフィブリル)形成,液晶相発現などの集合体特性を有しており,高機能化用のポリマー素材としても魅力に富む。本稿では,セルロースおよび関連多糖を基軸とした先進的機能材料の創製に関する最近の進展研究について概説する。

Cellulose and related polysaccharides exhibit a range of interesting characteristics at the molecular and supramolecular levels, in addition to their natural renewability and environmental adaptability. On the basis of accurate understanding of those characteristics, it is possible to design and fabricate highly functionalized cellulosic materials for many-faceted prospective applications.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(6), 434-437, 2008-06-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119497
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9549127
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ