環境にやさしい高分子合成法 Environmentally Benign Process for Polymer Synthesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 誠 KATO Makoto
    • 慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻 Department of Applied Chemistry, Keio University

抄録

環境にやさしい高分子合成法の確立は,現代社会の持続的発展に必要不可欠である。本稿では,発酵法や酵素触媒法など生物化学的なアプローチによる高分子合成,ケミカルリサイクル,および架橋やグラフトなどポリマーの修飾について紹介する。これらバイオプロセスの活用は次世代の環境低負荷型高分子合成の一翼を担うことが期待される。

Environmentally benign processes for polymer synthesis are of great importance for the establishment of green and sustainable polymer chemistry. From the standpoint of saving natural resources and avoiding carbon dioxide emission, the use of renewable or biomass resources is essential for the production of such polymers. The application of bioprocesses, such as fermentation and enzymatic reaction, may act as a key role for environmentally benign processes in the next generation. Furthermore, lipase acts effectively as a catalyst for the polymer synthesis in new media, supercritical carbon dioxide and ionic liquids. This highlight review focuses on environmentally benign processes for polymer synthesis, degradation for chemical recycling and cross-linking. The sustainable chemical recycling of polymer using an enzyme is also discussed.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(6), 438-441, 2008-06-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119530
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9549138
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ