キャパシタとエコエネルギー Advanced Capacitors for Eco-Energy Storage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 直井 勝彦 NAOI Katsuhiko
    • 東京農工大学大学院共生科学技術研究院 Institute of Symbiotic Science & Technology, Tokyo University of Agriculture & Technology

抄録

地球温暖化と気象変動はますますその深刻さを増し,「エネルギー」と「環境」の両方を同時に解決するソリューションが求められている。電気二重層キャパシタは効率の良い素早い蓄電機構であるため,速い応答性,長寿命,高い安全性・信頼性など二次電池では得られないさまざまな長所を有しているが,高エネルギー化と低コスト化が当面の大きな課題である。本展望では,次世代高容量キャパシタに向けた研究開発動向について述べる。

A word "electrochemical capacitor (EC)" attracts many attentions recently as an effective energy solution that enables us to assist wind-power, solar-power, fuel cells, lithium-ion batteries and other energy systems. The ECs have several practical advantages such as high power density, high reliability, long cycle life, excellent safety issues, and environment friendliness. Today the ECs have the potential to emerge as a promising energy storage technology. The EC systems have however the limited energy density, which restricts applications to power delivery over only few seconds. At present, many research efforts are focused on designing new materials and new configurations to improve both the energy and power densities.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(7), 502-505, 2008-07-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119675
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9566679
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ